2020年3月で東京大学教授を退官する建築家・ 隈研吾 の最終講義「工業化社会の後にくるもの」が4月から全12回にわたって行われている。   講義とはいっても教授からの一方的な話ではなく、毎回異なるテーマを設け、テーマに関連した専門家を招いて講演や対談を行うというユニークなものだ。   第2回は「家族とコミュニティの未来」と題して、社会学者の上野千鶴子と社会デザイン研究者の […]