優れたデザインは、その行為が個人に由来するものでありながら、同時に他者に対して開かれた客観性のようなものを感じさせるものだ。深澤直人 のデザインもそうしたオープンネスを感じさせるデザインだ。 優れたデザインを語った言葉を読むのも興味深い。デザインという行為も、言語化という行為も、ともに抽象という行為を含んでいるからであろう。 自分のデザインは、環境とものとの間の関係の輪郭線を決める行為だ、と深澤直 […]